tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS ルエリア、アリウム、フウロソウ、ポーチュラカ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/06/26 07:26   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

画像

画像

画像

ルエリア  キツネノマゴ科  ルエリア属

別名: ホソバルイラソウ(細葉ルイラ草)、ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)、イセハナビ(伊勢花火)

学名: Ruellia brittoniana

原産地: メキシコ

常緑小低木


画像

画像

画像

アリウム・スファエロセパルム  ユリ科  ネギ属

学名: Allium sphaerosepalum

原産地: ヨーロッパ

多年草


画像

画像

画像

エロディウム・ウァリアビレ  フウロソウ科  フウロソウ属

学名: Erodium xvariabile

原産地: ヨーロッパ南西部が原産のレイカルディ種(E. reichardii)とコルシクム種(E. corsicum)との種間交雑種

多年草



画像

画像

画像

画像

ポーチュラカ  スベリヒユ科  スベリヒユ属

別名: ハナスベリヒユ(花滑りヒユ)

学名: Portulaca oleracea cv.

原産地: わが国の各地をはじめ、世界の熱帯から温帯地方に広く分布

多年草


万葉集より抜粋

原文及び読み

雑歌,歌語り,恋,三男一女,悲嘆,奈良,橿原 

巻十六・三七八八   作者 不明(男、其の一)

「題詞」或曰 昔有三男同娉一女也 娘子嘆息曰 一女之身易滅如露 三雄之志難平如石 遂乃彷徨池上沈没水底 於時其壮士等不勝哀頽之至 各陳所心作歌三首 娘子字曰縵兒也

〖或いは曰く、昔、三人の若者が、一人の娘に求婚した。【娘の字(な)は、葛児(かずらこ)といった】
娘は困惑し、ひとりの女の身は、儚く露のようなものなのに、三人の男から求婚されて、みな意志の固さは石のよう。そう云って池のほとりをさまよい、とうとう水底に沈んだ。
 三人の若者たちは、悲しみあえいだ。
各々は所心(おもい)を陳(の)べて歌三首を作った。〗


無耳之   池羊蹄恨之   吾妹兒之  来乍潜者    水波将涸
みみなしの いけしうらめし わぎもこが きつつかづかば みづはかれなむ


<大意>
耳成の 池し恨めし 吾妹子が 来つつ潜かば 水は涸れなむ


[tabibito的解釈]
耳成の池は恨めしいものだ俺が恋する人が池に身を投げたのならなぜ池の水を抜いて助けてくれなかったのだ


<一言>
「耳成」皆さん歴史が好きならこの地名はご存知ですね、奈良の耳成山の麓に有った池の話です。

かず・く【潜く】 : 水中にくぐり入る。 もぐる。

かれ【涸れ】 : 水が涸れること。 乾燥。

な・む(完了の助動詞ヌの未然形ナに、推量の助動詞ムの付いた形)動詞の連用形に接続して未来の推量・決意・勧誘・可能・適当の意を表す。 それらの意が動かす余地のないものだという強めをナが受け持つ。
@・・・でしまうだろう。 きっと・・・するだろう。 A・・・してしまおう。 必ずや・・・しよう。 B・・・することが出来よう。
この歌は耳成の池を擬人化していて作者のの気持ちを汲んでいたら池そのものが水を抜いて彼女を助けて呉れるだろうと言う願望を込めた歌になっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
フウロソウ、調べてみました。
フウロソウ科オランダフウロ属のヒメフウロソウではないかと思いました。
mt77
2014/06/26 12:43
mt77さまへ
コメント有難うございました。
シカシ、オランダフウロ属のヒメフウロは葉が3全裂となっていますから、私が調べているフウロソウの丸葉とは違いますね。
tabibito
2014/06/26 13:56
一見ゲンノショウコかと思ってしまいました
マルバフウロがヒットしました
参考までに・・・
http://pepd.blog66.fc2.com/blog-entry-609.html
ran1005
2014/06/26 19:04
ran1005さまへ
情報をお寄せくださり有難うございました。葉の方はソックリですからコレで花の方も同じなら文句無しですが少し違う感じがいたしました。
マルバフウロが有ると言う事だけでも大収穫でした。
tabibito
2014/06/26 20:56
我が家にはエロディウム(Erodium xvariabile)の赤&白咲いています。ヴァリアビレって呼んでいます。
好みの子たちです。
ヒメフウロは別にありますからね〜

ヤナギバルイラソウはこちらではあまり見ませんが
九州ではよく見かけました。
葉の広い ルエリアを育てたことがあります。
いつしかナムナムなさいました。
ポーチュラカを見ると夏!って気がします。
nobara
2014/06/27 17:29
nobaraさまへ
コメントに気持ち玉を有難うございました。
色んな方に調べて頂き恐縮しています。
結局ran1005さまにエロディウムヴァリアビレだと教えて頂きました。
tabibito
2014/06/27 20:36
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/06/28 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルエリア、アリウム、フウロソウ、ポーチュラカ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる