tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑠璃玉薊、半夏生、カラー、捩花、 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/06/23 16:49   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

画像

6月16日撮影
画像

6月20日撮影
画像

画像

画像

6月22日撮影
画像

画像

6月23日撮影および葉の裏側の撮影
ルリタマアザミ(瑠璃玉薊)  キク科  ヒゴタイ属

学名: Echinops ritro

原産地: 西アジアからヨーロッパ南部に分布

多年草


画像

画像

6月16日撮影
画像

画像

画像

6月20日撮影
画像

画像

画像

6月23日花及び葉の裏側撮影(ルリタマアザミとヒゴタイとは葉の裏側が白いとルリタマアザミでそうでないのがヒゴタイだと有ったのですがご覧になってお分かりかと思いますがどちらも白かったのです)
それと、上の種類は棘の先端から小花が出て来るのに下のは同じ日数でも小花が出て来ませんでした。



画像

画像

画像

画像

ハンゲショウ(半夏生)  ドクダミ科  ハンゲショウ属

別名: ハンゲショウ(半化粧)読みは同じですが半分だけ白粉を塗ったみたいだからでしょうか?

学名: Saururus chinensis

原産地: わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国、フィリピンに分布

多年草


画像

画像

カラー  サトイモ科  オランダカイウ属

学名: Zantedeschia aethiopica  

原産地: 南アフリカ

多年草



画像

画像

画像

画像

ネジバナ(捩花)  ラン科  ネジバナ属

学名: Spiranthes sinensis var. amoena

原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国の中部・東北部それにウスリー地方、サハリンに分布

多年草

コレは先日アップしましたが我乍らボケボケだったので撮り直したものです今度はどうでしょう?


万葉集より抜粋

原文及び読み

中臣朝臣宅守寄花鳥陳思作歌 

巻十五・三七八五   作者 中臣朝臣宅守

保登等藝須 安比太之麻思於家 奈我奈氣婆 安我毛布許己呂 伊多母須敝奈之
ほととぎす  あひだしましおけ   ながなけば  あがもふこころ  いたもすべなし


<大意> 
霍公鳥 間しまし置け 汝が鳴けば 吾が思ふ心 いたもすべなし


[tabibito的解釈]
ほととぎすよチョット待ってお呉れお前が鳴くと私の恋しく思う心が勝ってどうしようもない


<一言>
あひだ【間】 : あれとこれと、二つのものに挟まれた部分。 事と事との時間的な隔たり。 

しまし【暫く】 : 〔副〕「しばし」に同じ。 暫くの間。 少しの間。

いた・も【甚も】 : 〔モ〕は係助詞。 甚だしくも。 ひどくも。

すべなし【術なし】: 方法が無い。 手段が無い


<後書き>
この歌で中臣宅守と狭野弟上娘子との贈答歌は終わり巻十五も終わりました。

結局宅守は翌13年9月の大赦で帰京したといわれます。しかし、その後の宅守と娘子にどのような恋の展開があったかは分かりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ルリタマアザミとヒゴタイ細かい観察をされたのですネ
葉の裏は両方とも白く、識別は花の様子ですか?
自然界にはいっぱいこういう現象があり、覚えられませんネ
小さなねじ花をとても鮮明に写していらして素晴らしいです!
私も度々撮影に挑戦しますがあまりに納得出来ないのでアップできないでいます(涙)
半夏生も咲き始めは美しいですネ

中臣宅守と狭野弟上娘子との贈答歌は15巻に及んだのですか
tabibito様はすべての解釈をし終わったわけですネ
人間の心の奥底にある機微に触れて、いっそう心理の解釈が深まるのではないですか・・・
見れば見るほど色変りが不思議な植物ですネ
ran1005
2014/06/23 19:56
ran1005さまへ
コメント有難うございます。
小さな花はどうしても後ろに有る大きなものにピントが合ってしまい肝心のものがピンボケになり易いですね、
私の文章では誤解されているようですね、中臣朝臣宅守と与狭野弟上娘子との贈答歌は全部で63首です。
巻十五は全部で207首ですからその内の63首を此の二人が占めているのですから矢張り多いですね、明日から巻十六になります今度は結構長歌が有るので一日一首のペースを守るのは難しいでしょうね、精々頑張るつもりですがそれをすると誤訳が有りそうなのが心配です。
tabibito
2014/06/23 20:54
般若苑さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/06/24 14:00
nobaraさまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/06/27 20:12
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/06/28 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
瑠璃玉薊、半夏生、カラー、捩花、 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる