tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS サルピグロシス、キャッツテール、オオシロソケイ、サボンソウ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/06/20 07:41   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

画像

画像

画像

画像

サルピグロシス  ナス科

別名: サルメンバナ(猿面花)

学名: Salpiglossis sinuata

原産地: チリ、ペルー、アルゼンチン

一年草


画像

画像

画像

キャッツテール  トウダイグサ科  エノキグサ属

学名: Acalypha reptans

原産地: インド

常緑多年草


画像

画像

画像

オオシロソケイ(大白素馨)  モクセイ科  ソケイ属

学名: Jasminum nitidum

原産地: パプアニューギニアのアドミラルティー諸島

落葉蔓性木本


画像

画像

サボンソウ  ナデシコ科  サボンソウ属

学名: Saponaria officinalis

原産地: ヨーロッパ

多年草

勿論、サボンは明治以前の石鹸の外国読みですシャボンとも言いましたね、
♬ シャボンダマトンダ〜ヤネマデトンダ ヤネマデトンデ〜コワレテキエタ ♬


万葉集より抜粋

原文及び読み

中臣朝臣宅守寄花鳥陳思作歌 

巻十五・三七八二   作者 中臣朝臣宅守

安麻其毛理 毛能母布等伎尓 保等登藝須 和我須武佐刀尓 伎奈伎等余母須
あまごもり  ものもふときに  ほととぎす  わがすむさとに  きなきとよもす


<大意>
雨隠り 物思ふ時に 霍公鳥 吾が住む里に 来鳴き響もす
 

[tabibito的解釈]
雨に降られて考え事しか出来ない時にホトトギスがやって来て落ち込んでいる私に昔を思い出させるよ


<一言>
あまごもり【雨隠】 : 雨に降りこめられる。

どよもす【響もす】 : 昨日の歌にも出て来たので省略します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャスミンの花は花びらが丸っこいですね。
これは たぶんですが・・・
オオシロソケイ(大白素馨)モクセイ科ソケイ属 ?
私もつい最近、同じ花をアップしました。
tabibitoさんみたく、綺麗には撮れませんでした。
サルメンバナは初めて見ました
キャッツテール、可愛い、触ってみたいです。
サボンソウは清潔感溢れる花ですね。

ホトトギス、霍公鳥←こんな字は初めてです。
その時代なにかと標になった鳥なんですね。
夏を告げる鳥だったのかな。夏は来ぬ?なんて・・
nobara
2014/06/20 13:55
nobaraさまへ
オオシロソケイ有難うございました。
「霍公鳥」の「霍」の字は漢和辞典で見ると「カク」とか「クワク」と詠みが有ります。「霍公」と書くと「カッコウ」ですね、万葉歌時代から江戸時代にかけてカッコウとホトトギスは同じ鳥と考えられていた時期が有ります。「霍公鳥」の文字は広辞苑ではホトトギスト読まれていますがカッコウとは読まれていません。
tabibito
2014/06/20 16:23
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/06/21 08:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルピグロシス、キャッツテール、オオシロソケイ、サボンソウ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる