tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 矢車菊、紅花詰草、金魚草、山法師 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/05/03 09:47   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ヤグルマギク(矢車菊)  キク科  ヤグルマギク属

別名: ヤグルマソウ

学名: Centaurea cyanus。

原産地: ヨーロッパの東南部から西アジア

二年草



画像

画像

画像

ベニバナツメクサ(紅花詰草)  マメ科  シャジクソウ属

別名: クリムソンクローバ、ストロベリーキャンドル

学名: Trifolium incarnatum。

原産地: ヨーロッパ

一年草



画像

画像

画像

画像

キンギョソウ(金魚草)  ゴマノハグサ科  キンギョソウ属

学名: Antirrhinummajus。

原産地: 地中海沿岸

多年草



画像

画像

画像

画像

ヤマボウシ(山法師)  ミズキ科  ヤマボウシ属

別名: ヤマグワ

学名: Cornus kousa。

原産地: わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国

落葉高木

別名にヤマグワ(山桑)と有るのは花後に赤い実が出来食べることが出来るからですが味の方は桑の実とは全く似てはいません。甘味は有るけれどそれほど美味しくもなく単に食べられるだけと言ったところでしょうか。



万葉集より抜粋

原文及び読み

中臣宅守,贈答,配流,狭野弟上娘子 

巻十五・三七三二     作者:中臣朝臣宅守

安可祢佐須 比流波毛能母比 奴婆多麻乃 欲流波須我良尓 祢能未之奈加由
あかねさす ひるはものもひ  ぬばたまの よるはすがらに  ねのみしなかゆ


<大意> 
あかねさす 昼は物思ひ ぬばたまの 夜はすがらに 音のみし泣かゆ


[tabibito的解釈]
日中は貴女を思い夜は夜で一晩じゅう声を忍んで泣き暮らして居ます


<一言>
”寝ては夢起きてはうつつ幻の・・・・・”と言うのは恋する男の世界共通の常套句なのでしょうか?それともこの中臣朝臣宅守が元祖なのでしょうか?

あかねさす【茜さす】 : 〔枕詞〕(茜色に照り映える意で)「日」「昼」「照る」「君」「紫」などに掛かる。

ぬばたまの【射干玉の】 : 〔枕詞〕「黒」「夜」「夕」「月」「暗き」「今宵」「夢」「寝る」などに掛かる。

すがら【過がら】 : 「過ぐ」と同源、「ラ」は状態を表す接尾語。 始めから終りまで。 途切れることなく。 ずっと。

ねのみし【音・哭のみし】 : 声をあげて泣く。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
アァ〜矢車草 いいですねえ 懐かしい花。この花を見ると、啄木の 函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌矢ぐるまの花 がすぐ浮かんできます。
この歌は女性が詠んだのかと思ったら、男性なんですね。こんなに想われてみたかったナァ
かあさん
2014/05/04 11:48
かあさんへ
コメント有難うございます。
思われるのは良いけれどストーカーは困りものですね、
「死んで二人一緒に成りたい」なんて冗談じゃないですよね、お店でチョット愛想よくしたら勘違いしたのでしょうか関西人は皆あんなのだとは思わないで下さいね。
tabibito
2014/05/04 17:08
時さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2014/05/04 17:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
矢車菊、紅花詰草、金魚草、山法師 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる