tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 大金鶏菊、酢漿草、風鈴草、薺、軍配薺 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/05/24 11:36   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

画像

オオキンケイギク(大金鶏菊)  キク科  ハルシャギク属

学名: Coreopsis lanceolata。

原産地: 北アメリカ

多年草

オオキンケイギクは「外来生物法」により,「特定外来生物」に指定されています。栽培,販売,譲渡などは原則禁止(許可を得れば可能)となっています。
今の時期我が家の近くには何処を歩いても見かけるようになりましたが誰も許可を得て植えているのでは有りません勝手に生えるのだそうで花が綺麗なので抜く必要はないと考えているようですね、
                                                     



画像

画像

画像

カタバミ(酢漿草)  カタバミ科  カタバミ属

別名: ゼニミガキ(銭磨き)

学名: Oxalis corniculata

原産地: 世界中の温帯から熱帯にかけて分布

多年草

この草は「特定外来生物」に指定はされていませんがゴルフ場などからは嫌われています。一旦生えだすと取っても取っても次から次へと生えて来るので始末に悪いのです。
別名はこのカタバミの茎や葉には蓚酸が含まれているので十円硬貨などこのカタバミの茎や葉で擦るとピカピカになる所からの別名。


画像

画像

画像

画像

カンパニュラ  キキョウ科  ホタルブクロ属

別名: フウリンソウ(風鈴草) 

学名: Campanula medium

原産地: ヨーロッパの南部

一年草〜二年草


画像

画像

画像

画像

ナズナ(薺)  アブラナ科  ナズナ属

別名: ペンペングサ(ペンペン草)

学名: Capsella bursa-pastoris。

原産地: わが国の各地をはじめ、世界の温・暖帯地域に広く分布

二年草

七草粥に入れる七草の一つだと言っても食べられる時期の様子は唯の雑草にしか見えなくて未だ七草全てを集めたことは一度も有りません。
シカシ今の時期は花の後の実の形が三味線のバチのような三角形の形を見てようやくナズナだと気付くのですが時すでに遅しです(今はこの草を引っこ抜こうと思ってもカタクテ、カタクテとてもじゃないが食べてみようなんて気は起きませんよ)。



画像

画像

画像

グンバイナズナ(軍配薺)  アブラナ科  グンバイナズナ属

学名: Thlaspi arvense

原産地: ヨーロッパ

上のペンペン草とは違うのが身の形が三味線のバチではなくて相撲の行司が手にしている軍配に似ている所からグンバイナズナと呼ばれています。
昨日から一生懸命調べましたが七草粥にコレを入れてもイイのかどうか書いたものが有りませんが多分若い時は同じ葉っぱに見えると思いますから皆さん食べているのでは有りませんか?



万葉集より抜粋

原文及び読み

中臣宅守贈答,恋,悲別,女歌,難訓,狭野弟上娘子 

巻十五・三七五四   作者:中臣宅守

過所奈之尓  世伎等婢古由流 保等登藝須 多我子尓毛 夜麻受可欲波牟
くわそなしに  せきとびこゆる   ほととぎす  たがこにも  やまずかよはむ


<大意>
過所なしに 関飛び越ゆる 霍公鳥 多我子尓毛 止まず通はむ


[tabibito的解釈]
モシ私が通行手形が無くとも関所を飛び越えられるホトトギスだったら制止の声にも停まらずに通過するのだけどなあ


<一言>
くわそ【過所・過書】 : 奈良・平安時代以降、朝廷または幕府から付与した関所通行の許可書。

たがこにも【多我子尓毛】 : 意味が全く解りません通常第四句は七文字が普通ですが此処は五文字になっているので二文字が抜け落ちているのか抜け落ちているのならばどんな文字なのか?
と、言う訳で勝手に「制止の声にも」と置き換えました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/05/24 19:48
オオキンケイギクはこの頃は草原やそこに行く道筋にも多く咲いていますね〜大群落を作ってるようです。こうなったら駆逐のしようがありませんね。綺麗だから?仕方ない?
オッタチカタバミになっていますね〜
何しろその種袋がはじく様に飛びますから
繁殖力やーーー凄いものがありますね。
グンバイナズナは西日本に多いのかしら?
こちらではあまり見かけないような・・・

通行手形なるものがあった時代は歌にもなりますね〜いまでは何処へとなりと自由ですから。名作は生まれないのかな・・・
nobara
2014/05/24 23:46
nobaraさまへ
コメントに気持ち玉有難うございました。
オオキンケイギクいまさらドウシヨウもありませんが
此の所為でどんな在来種が絶滅においやられるようになっているのか気に掛かります。
tabibito
2014/05/25 06:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
大金鶏菊、酢漿草、風鈴草、薺、軍配薺 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる