tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 矢車草、菊咲き一華、鈴蘭、浦島草、金瘡小草、黄蓮華躑躅 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/05/18 07:08   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

帰って来てから丁度10日に成りますが未だ御杖村からお送りしています。
画像

画像

画像

ヤグルマソウ(矢車草)  ユキノシタ科  ヤグルマソウ属

学名: Rodgersia podophylla。

原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布

多年草

三枚目の写真は蕾の様子です。これの名前を探すのは苦労しました葉の形から矢車と言う名前が浮かぶのですが同じ名前が菊科に有るものですから「コレジャナイ」と言う思いが頭から抜けなくて。 
シカシ花は咲いていないけれど鯉幟の矢車となれば時は五月バッチリの植物ですね


 
画像

キクザキイチゲ(菊咲き一華)  キンポウゲ科  キクザキイチゲ属

学名:  Anemone pseudo-altaica。

原産地: わが国の本州、近畿地方以北から北海道に分布

多年草

これは花の様子葉の形から見ても多分間違いないと思いますが自信ありません。


画像

スズラン(鈴蘭)  

学名: Convallaria majalis var. keiskei。

原産地: わが国の各地と朝鮮半島、中国それにシベリアに分布

多年草


画像

画像

ウラシマソウ(浦島草)  サトイモ科  テンナンショウ属

学名: Arisaema thunbergii ssp. urashima。

原産地: わが国の北海道南部から本州、四国・九州に分布

多年草

名前の由来は肉穂花序の先端の付属体が長く伸びていますがその様子が浦島太郎の釣り竿に見立てたものです。


画像

画像

キランソウ(金瘡小草)  シソ科  キランソウ属

別名: ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、コウボウソウ(弘法草)、イシャゴロシ(医者殺し)

学名: Ajuga decumbens。

原産地: わが国の本州以南から朝鮮半島や中国、東アジアに広く分布

常緑多年草

別名は地獄の釜の蓋が開く時が無い程死人が少ない意味で昔から漢方薬として、咳止めや健胃薬として用いられてきました。



画像

画像

キレンゲツツジ(黄蓮華躑躅)  ツツジ科  ツツジ属

学名: Rhododendron japonicum f. flavum。

原産地: わが国の北海道西南部から本州、四国、九州に分布

落葉低木


画像

画像

画像

画像

ベニシジミ(紅蜆)  チョウ目 シジミチョウ科 ベニシジミ亜科

学名: Lycaena phlaeas

大きさ: (前翅長)13-19mm

時 期: 3-11月

分 布: 北海道・本州・四国・九州

御杖村では蝶はこの一種類しかいないのではないかと思う程ベニシジミばかり沢山居ました。
そう言えばベニシジミの幼虫の食草であるスイバ、ギシギシを沢山見かけましたねそしてイタドリ(関西ではスカンポと呼んでいまっせ)もありました齧ってみたら昔の味でした(チョットスッパイ)



万葉集より抜粋

原文及び読み

,狭野弟上娘子贈答,配流,中臣朝臣宅守 

巻十五・三七四八   作者:狭野弟上娘子

比等久尓波 須美安之等曽伊布 須牟也氣久 波也可反里万世 古非之奈奴刀尓
ひとくには  すみあしとぞいふ  すむやけく  はやかへりませ  こひしなぬとに


<大意> 
他国は 住み悪しとぞ言ふ 速けく 早帰りませ 恋ひ死なぬとに


[tabibito的解釈]
異国は何かと住みにくいと言います早くお帰り下さいませ私が恋い死にしてしまわないうちに


<一言>
ひとくに【人国】 : ほかの国。 他国。 都以外の地方。

すみ・あ・し【住み悪し】 : 住みにくい。 居心地がわるい。

すむや・け・し【速け・し】 : すみやかである。 早い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ヤグルマソウの葉っぱはかなり大きいです。
そもそも矢車菊をヤグルマソウと呼ぶのが間違い?
いつも別の種があるのに混乱すると思ってました。
この葉をみると、矢車以外に思いつきませんね。
スズランの斑入りの葉が魅力的です。
ベニシジミの群舞ですか?
可愛い蝶々ですからね〜かわいいですね。
nobara
2014/05/18 08:04
沢山の野草たちと出逢う事が出来て楽しそうですネ
キクザキイチゲですが、こちらの山野草店では「ハルオコシ」と通称していますヨ
八重咲きイチリンソウと共に人気商品ですヨ
私も先日伊那のヒノキオ植物園で写してきて近々アップしようと思っています
野生は群生し形態が様々ですから魅力が倍加しますネ

その昔、私も健気だった頃(?)主人が留守をすると心細かった異郷に嫁いだ頃の心境に似ています
今となっては…言わぬが華ですネ(爆笑)
ran1005
2014/05/18 08:30
nobaraさまへ
コメントに気持ち玉を有難うございます。
ソウナンデスヨ矢車と聞くだけで「ヤグルマギク」の方をツイ考えてしまうのですね、明日ブログUPする「アノマテカ」も日本名の方は姫が付くのか付かない方なのか菖蒲か水仙なのかいつも迷ってしまいます。
tabibito
2014/05/18 10:16
ran1005さまへ
「ハルオコシ」の名は雪深い地方の方の春を待ち望む気持ちが強く感じられますね、健気だった頃が有ったのか無かったのかは存じませんので私には何とも・・・・・?
tabibito
2014/05/18 10:28
青木院長さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/05/18 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
矢車草、菊咲き一華、鈴蘭、浦島草、金瘡小草、黄蓮華躑躅 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる