tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS ライラック、紅花常葉満作、山吹 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/04/05 08:40   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

画像

画像

画像

ライラック、ムラサキハシドイ、リラ

どうしてムラサキハシドイなのに白花なのかって?
ハイハイ!紫色のもお見せいたしますヨ。


画像

画像

画像

画像

ライラック  モクセイ科  ハシドイ属

別名: ムラサキハシドイ(紫丁香花)、リラ 

学名: Syringa vulgaris

原産地: ヨーロッパ東南部

落葉低木

※はしどい : (もと、木曽の方言)モクセイ科の落葉小高木。 キンツクバネ。


画像

画像

画像

ベニバナトキワマンサク(紅花常葉満作)  マンサク科  トキワマンサク属 

学名: Loropetalum chinense var. rubra

原産地: 中国

常緑小高木
  
このベニバナトキワマンサクは前にお見せしたマンサクとは違って常緑なので「常葉」とついています。


画像

画像

画像

ヤマブキ(山吹)  バラ科  ヤマブキ属 

学名: Kerria japonica

原産地: 北海道〜九州、朝鮮、中国

落葉低木

昔の貨幣である小判を山吹色と言ったことは皆さんご存知ですね、シカシ実際は山吹色では有りませんよね?

そして太田道灌で有名な  【七重八重花は咲けども山吹の(実)みのひとつだになきぞかなしき】の歌は八重の山吹でこの一重とは違います。
従ってこの花には実が出来ます。



万葉集より抜粋

原文及び読み

竹敷浦舶泊之時各陳心緒作歌十八首


巻十五・三七〇一        作者:遣新羅副使 大伴三中 

多可之伎能 母美知乎見礼婆 和藝毛故我 麻多牟等伊比之 等伎曽伎尓家流
 たかしきの もみちをみれば わぎもこが またむといひし ときぞきにける


<大意> 
竹敷の 黄葉を見れば 吾妹子が 待たむと言ひし 時ぞ来にける


[tabibito的解釈]
竹敷の木の葉が黄葉するのを見ると妻が帰りを待っていると言ったその時期がもうきてしまったのだ


<一言>
たかしき【竹敷】 : 長崎県対馬市美津島町竹敷


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ライラックがもう咲きましたか。ライラックといえば笠置シズ子さんの歌が耳について未だに離れません(笑)
目黒のおじいちゃん
2014/04/05 10:16
目黒のお爺ちゃんへ
コメントに気持ち玉有難うございました。
笠置シズ子とは随分と古い話ですね、彼女にライラックの歌って有りましたかね?
と、言っても彼女の歌がブギウギ調の歌だったことしか覚えていませんが・・・・ナニセ子供でしたから
tabibito
2014/04/05 10:31
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/04/05 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライラック、紅花常葉満作、山吹 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる