tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 牡丹、藤、花水木 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/04/26 10:09   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

画像

画像

画像

ボタン(牡丹)  ボタン科  ボタン属

学名: Paeonia suffruticosa

原産地: 中国西北部

落葉低木

中国では花王とも花神とも言われるほど、花の代表的な存在であり、絵画に装飾に多く用いられています。


画像

画像

画像

フジ(藤)  マメ科  フジ属

学名: Wisteria floribunda

原産地: 我が国本州から四国、九州

落葉蔦性木本

ボタンが中国なら藤は日本ですね、富士もですよ! 藤色と言えば薄紫ですがコレは白花ですこの花ご覧のようにフジ棚でなくて地面に這った状態です公園で私のお気に入りの場所の近くですが折角の藤ですから洒落た藤棚でも作ってくれたらいいと思うのですが・・・・・・・


画像

画像

画像

画像

ハナミズキ(花水木)  ミズキ科  ヤマボウシ属

学名: Cornus florida

原産地: アメリカ東部から中部

落葉高木

花水木は先日も取り上げましたが今回の花が白花で縁がホンノリピンクにぼかしたような感じがなんとも言えず良かったので載せてしまいました。



万葉集より抜粋

原文及び読み

遣新羅使,姫路,兵庫,孤独,望郷,帰途

巻十五・三七二二     作者:作者不明

大伴乃   美津能等麻里尓 布祢波弖〃 多都多能山乎  伊都可故延伊加武
  おほともの みつのとまりに ふねはてて たつたのやまを いつかこえいかむ


<大意> 
大伴の 御津の泊りに 船はてて 龍田の山を いつか越え行かむ


[tabibito的解釈]
やっと大伴の御津の船着き場に着いた、後は龍田の山を越えれば懐かしの都だ


<一言>
おほとも【大伴】 : 大伴氏は古くからt天皇家に従属し現在の大阪市である難波に本拠地が有った。其処の港である御津の浜は古くから瀬戸内及び九州の太宰府などとを結ぶ海上の重要港湾施設であった。

とまり【泊まり】 : 船のとまるところ。 みなと。 船着き場。

はてて【果てて】 : 果てること。 終わり。 旅路の果て。

いつか【何時か】 : いずれ。 遅かれ早かれ。 時期を定められないが必ず。

わざわざ説明する必要はないかと思いますが”tabibito的解釈”に”やっと”、”後は”などの語句は歌の中には有りません歌の感じから勝手につけたしたものですので御承知下さい。

そして、今日で遣新羅使の歌も終わりで明日からは相聞贈答の歌になります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/04/26 17:45
ヒャァーーなんとも鮮やか色の牡丹ですね〜
大きな花は圧倒されてしまいます。
でもこうやって見せて戴くのはヨカーぁね。
白藤、綺麗ですね。ノダフジだからいいようなものの、三尺藤などだったら目も当てられませんね。
舞台を是非作ってほしいですぅ〜
ピコティ咲きのハナミズキ、お初です。
ピコティ好きには堪りませんなァー

大伴さんは由緒あるお家柄だったのですね。
専用の船着き場もあったのですか・・
ここから大宰府にも赴かれた?感慨深いです。
nobara
2014/04/26 21:23
nobaraさまへ
コメントに気持ち玉も有難うございました。
ピコティ咲きと言うのですか?この淡い色具合堪えられませんね、大伴家はかって天皇家の先祖が九州から海から熊野に上陸して以来の家柄ですからそれも当初は軍事部門の長でしたが歌の方で有名になってからは落ち目になったようですね、歴史的に見ても遊芸に力を入れた武門の一族は落ち目になる運命の様です。
tabibito
2014/04/27 21:05
nobaraさまへ
コメントに気持ち玉も有難うございました。
ピコティ咲きと言うのですか?この淡い色具合堪えられませんね、大伴家はかって天皇家の先祖が九州から海から熊野に上陸して以来の家柄ですからそれも当初は軍事部門の長でしたが歌の方で有名になってからは落ち目になったようですね、歴史的に見ても遊芸に力を入れた武門の一族は落ち目になる運命の様です。
tabibito
2014/04/27 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
牡丹、藤、花水木 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる