tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 百合、シクラメン、アイスランドポピー、アセビ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/03/03 16:24   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像

ユリって今頃咲くのも有りましたっけ?


画像

画像

画像

シクラメン  サクラソウ科  シクラメン属

別名: カガリビバナ、ブタノマンジュウ 

学名: Cyclamen persicum cv.

原産地: 栽培種

多年草


画像

画像

アイスランドポピー  ケシ科  ケシ属

別名: シベリヤヒナゲシ 

学名: Papaver nudicaule

原産地: シベリア、アジア大陸北部

一年草
 


画像

画像

アセビ(馬酔木)  ツツジ科  アセビ属

別名: アセボ 

学名: Pieris japonica

原産地: 本州(山形県以西)、四国、九州

常緑低木

本来アセビはアセボと呼ばれていたが「馬酔木」と書いてアセビと読むのは本来間違いで矢張りウマヨイギと読むのが正しいのになぜなのかと言うと日本の草食動物は鹿も牛もこのアセビは食べないのだそうです、コレは両者?とも昔から日本に生息している動物なので昔からアセビには毒が含まれていることを知っていた所が馬は大陸から輸入された動物なのでそれを知らなかったのでこれを食べて酔っぱらったように成ったから馬酔い木と成ったと言うのですが本当かな?一度試してみたいですね、競馬場にアセビの花を持って行って食べさせて見たいです。



万葉集より抜粋

原文及び読み

引津亭舶泊之作歌七首

巻十五・三六八〇         作者:不明

欲乎奈我美 伊能年良延奴尓 安之比奇能 山妣故等余米 佐乎思賀奈君母
 よをながみ いのねらえぬに あしひきの やまびことよめ さをしかなくも


<大意> 
夜を長み 寐の寝らえぬに あしひきの 山彦響め さを鹿鳴くも


[tabibito的解釈]
夜は長く寝たいのに寝られないいっそもっと響かせ山彦よ妻恋しさに鳴くさ牡鹿の叫びを


<一言>
牡鹿の鳴き声が山彦のようにこだましてモウ此の歌の作者やけっぱちに成っているのですね、

ながみ【長み】 : 長い感じ。 心もち長いこと。

とよむ【響動む】 : (後世ドヨムとも)@鳴り響く。 響き渡る。 A鳴きさわぐ。 大声で騒ぐ。 どよめく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
tabibitoさんちは何でも季節感なく?
咲いていますね~((((^Q^)/
スカシユリですね〜外で咲いてるのね。
シクラメン。蕾をいっぱいつけて楽しみにしてたのに、2度の大雪でダメになりました(残念無念)
7、8、はポピー(アイスランド)だと思います。
蕾が項垂れていますね〜(ウブウブの毛がいっぱい)
ウスベニアセビはこちらと同じくらいの咲き加減ですね。アシビとかとも呼びますね。
ほんとに馬さんが酔うのかしら(麻痺?)

雌鹿の啼き声は犬なら遠吠えみたいなもの?
だったら山彦みたいに続くのでしょうか・・
nobara
2014/03/03 21:59
nobaraさまへ
コメントに気持ち玉も有難うございます。
季節感が無い>ソウナンデスヨネ、関西は中途半端な土地ですから今の時期冬だのに結構温暖期に咲く植物も露地で咲いていたりするのです。
シクラメン此の前の雪害を受けたのですか?
あんな大雪になるとは想像されなかったでしょうから本当に残念でしたネ。
牡鹿の鳴き声が故郷から遠く離れた歌の作者には飛びきり心に訴えるものが有ったのでしょうね。
ポピーおしえていただき有難うございました。
tabibito
2014/03/05 13:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
百合、シクラメン、アイスランドポピー、アセビ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる