tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅、白梅、ピラカンサ、サンゴジュ、ムクドリ、鳥じゃ無かった  そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/02/03 19:47   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像



画像

画像

画像

画像

ウメ(梅)  バラ科  サクラ属

学名: Armeniaca mume (=Prunus mume)

原産地: 中国

落葉小高木

紅梅と白梅ですが毎年思うのですが紅梅が先に咲いて白梅は少し遅れて咲くように思います。
皆様の所でも同じでしょうか?


画像

画像

ピラカンサ  バラ科 トキワサンザシ属

原産地: ヨーロッパ南部から西アジアにかけて有るのがタチバナモドキ(Pyracantha. angustifolia)、とトキワサンザシ(P. coccinea)、ヒマラヤ地方原産なのがヒマラヤトキワサンザシ(P. crenulata)

常緑低木

上記のように一口にピラカンサと言ってもピラカンサ類の総称なので原産地によって名前も違いますが上の写真がこのどれになるのかは私にはよく解りませんましてや園芸種で改良されたものとなると私には完全にお手上げです。


画像

画像

サンゴジュ(珊瑚樹)  スイカズラ科  ガマズミ属 

学名: Viburnum awabuki

原産地: 本州(関東南部以西)〜沖縄、朝鮮南部、台湾

常緑小高木

このサンゴジュ葉が紅葉しているのか若葉の間が赤いのかよく解りません兎に角キレイなので載せました。


画像

画像

画像

ムクドリ(椋鳥) スズメ目 ムクドリ科

学名: Sturnus cineraceus

大きさ: L=24cm

今日も散歩をしていると歩道が随分と汚れているので頭上を見るとヤッパリソウデス、ムクドリの大群が電線に止まって下を歩く人間どもに嬉しくないものをプレゼントしてやろうと狙っていました。
何年か前にウッカリこのプレゼントを貰ったものですから以後注意して歩いています。
こういった時期なのですね、


画像

画像

何か珍しい野鳥が居ないかなと思いながら上を見るとこんなのが飛んで居ました。



万葉集より抜粋

原文及び読み

遣新羅使,七夕,宴席,福岡海邊望月作歌九首

巻十五・三六六五          作者:不明

伊母乎於毛比 伊能祢良延奴尓 安可等吉能 安左宜理其問理 可里我祢曽奈久
いもをおもひ  いのねらえぬに  あかときの  あさぎりごもり   かりがねぞなく


<大意>
妹を思ひ 寝の寝らえぬに 暁の 朝霧隠り 雁がねぞ鳴く


[tabibito的解釈]
愛する妻を思いながらなかなか寝付けぬままに朝が来たようだ朝霧の中に雁が鳴く声がする


<一言>
いのねらえぬに【寝の寝らえぬに】 : 寝るに寝付けない。 眠れないままに。

あかときの【暁刻の】 : 明け方の。

あさぎりごもり【朝霧隠り】 : 朝霧の中で。 朝霧に隠れて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ピラカンサの大量の実、すごいですね。大盤振舞いという感じですが、小鳥はくるのでしょうか。
ムクドリもこれだけいると、みやげをもらう確率は高いでしょうね。わが家ではヒヨドリのフン害になやまされています。
よく分かる歌です。今は雁の声じゃなくて、車の騒音かなにかになっていますが。
エフ・エム
2014/02/22 09:14
エフ・エムさまへ
コメント有難うございます。
ピラカンサの実には去年は黄連雀が大挙押し寄せて見る間に丸裸の木に成りましたね、モウ雁の声も何年も聞いていません。
御同様車の騒音ばかりですね。
tabibito
2014/02/22 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅、白梅、ピラカンサ、サンゴジュ、ムクドリ、鳥じゃ無かった  そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる