tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷空木?、万両、金豆、尉鶲、ヒドリガモの雛 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/01/17 20:29   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

画像

画像

これは季節を間違えたタニウツギでしょうか?おまけに斑入りでした。


画像

画像

これは私が載せる時期を間違えました正月の間に出すべきでしたね。
マンリョウ(万両)  サクラソウ科 ヤブコウジ属 

学名: Ardisia crenata

原産地: 本州(関東地方以西)〜沖縄、アジア東南部

常緑低木


画像

画像

画像

キンズ(金豆)  ミカン科キンカン属

別名: マメキンカン、ヒメキンカン、ホンコンキンカン

学名: Fortunella hindsii

原産地: 中国南部

常緑低木

写真に写っている中で一番大きいものでも1cm程しか有りません可愛いでしょ。


画像

画像

画像

画像

この背中の特徴ある紋所は・・・・・
ジョウビタキ(尉鶲)  スズメ目 ヒタキ科

学名: Phoenicurus auroreus

大きさ: L=14cm


画像

画像

画像

画像

何か見慣れない子がいると思って取り敢えず写真だけ撮っておいてよく見てみるとヒドリガモの雛のようです。
一瞬「ミニクイアヒルノコ」かと思いましたが鴨類の雛は皆こんな風にみっともないのでしょうか?



[万葉集より抜粋]

原文及び読み

遣新羅使,七夕,宴席,望郷,恋,福岡

巻十五・三六五七          作者:遣新羅大使 阿倍継麻呂

等之尓安里弖 比等欲伊母尓安布 比故保思母 和礼尓麻佐里弖 於毛布良米也母
としにありて   ひとよいもにあふ  ひこほしも  われにまさりて  おもふらめやも


<大意> 
年にありて 一夜妹に逢ふ 彦星も 吾れにまさりて 思ふらめやも


[tabibito的解釈]
一年にたった一夜だけ恋人に逢う彦星も私以上に思っているのだろうか


<一言>
題詞は七夕仰觀天漢各陳所思作歌三首の内の一首となっておりますが
これも遣新羅大使 阿倍継麻呂が詠んだ歌かどうかよく解りません。

が、大使ともなれば一年位で大和に戻れるとは思えませんこの先三年四年と長引くとなれば奥さんと逢えるのは・・・・歌のような気持になるのも無理からぬことですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
電光オズマさまへ
2015年にリタイアされるそうで、今から着々とその準備をされているとか、どのようなブログになって行くかも楽しみにコレから見せて頂きます気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/01/18 10:33
マメキンカン(金豆)面白いですね〜〜
それにしても凄い棘?
何に武装してるのでしょう?
モンツキドリの後ろ姿が背伸びしてるようですね。
ヒドリガモさんのみにくい鴨の子?でしたか・・
鳥の子どもって親より一回り大きく感じます。
スズメだってそうでしたもんね。

想いがそれだけ深いのでしょうね〜
何年も離れ離れはかわいそう・・
今みたいに交通機関もないでしょうからねe----
nobara
2014/01/18 16:46
タニウツギは秋の終わりなど結構咲きますね。
返り咲きの残り花なんでしょうか・・・
nobara
2014/01/18 16:47
nobaraさまへ
お立ち寄り有難うございますコメントまで頂き恐縮です。
此の処ブログネタに不自由致して居て恥ずかしいばかりです。
tabibito
2014/01/18 17:32
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/01/18 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
谷空木?、万両、金豆、尉鶲、ヒドリガモの雛 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる