tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 今城塚古墳に行った帰り そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2013/11/23 09:29   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像

画像

今城塚古墳脇は公園になっておりその中に昨年植えたばかりと言う冬桜が花を付けていました。


画像

画像

画像

画像

画像

今城古墳から帰る途中で見た水鳥です。カルガモ、オナガガモ、ヒドリガモ等が見えます。


画像

画像

画像

高槻市内に戻る途中の芥川の桜堤の桜の紅葉も随分と綺麗に色付いていました。


画像

画像

画像

市内に戻った私達は私の従兄弟が展示している ”恒松祥介スケッチ展”を見に行きました。



[万葉集より抜粋]

原文及び読み

遣新羅使,天平8年,岩国,山口,望郷,恋心


巻十五・三六三三          作者: 不明

安波思麻能 安波自等於毛布 伊毛尓安礼也 夜須伊毛祢受弖 安我故非和多流
あはしまの  あはじとおもふ  いもにあれや  やすいもねずて あがこひわたる


<大意> 
粟島の 逢はじと思ふ 妹にあれや 安寝も寝ずて 吾が恋ひわたる


[tabibito的解釈]
粟島は逢はじということでしょうか貴女のことを思い浮かべて安眠することも出来ないでいますこれが恋患いというものでしょうか


<一言>
題詞は周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首となっております。

あわしまの【粟島の】 : あは(逢)にかかる枕詞。

あはじ【逢はじ】 : 逢わない。

やすい【安寝】 : 安らかに寝ること。 安眠。

こひわたる【恋ひ渡る】 : 恋募って年月を経る。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
nobaraさまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2013/11/25 11:54
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2013/11/25 11:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
今城塚古墳に行った帰り そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる