tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の気配濃厚 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2013/11/12 13:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

今朝友人が芥川に冬鳥が来始めたよ!と、教えてくれました。
見に行くのは明日になるでしょうね,取り敢えずは先日見かけたモズ君をもう一度。
画像

画像

先日は逆光でしたが今日は男前に写りましたね。



画像

何時もこの正面のベンチで一休みします。
(何時も言っていますがこのワイド写真は2段階に拡大できます)



画像

画像

銀杏の葉は未だ青さを残していますが地面にはギンナンが見えます。







[万葉集より抜粋]

原文及び読み

遣新羅使,望郷,岡山,倉敷,広島,倉橋島,孤独

巻十五・三六二九          作者: 不明

安伎左良婆 和我布祢波弖牟 和須礼我比 与世伎弖於家礼 於伎都之良奈美
あきさらば  わがふねはてむ  わすれがひ よせきておけれ  おきつしらなみ


<大意>
秋さらば 吾が船泊てむ 忘れ貝 寄せ来て置けれ 沖つ白波


[tabibito的解釈]
秋になったら私の船を再びここに泊めよう物思いを忘れさせる忘れ貝を波にのせてこの浜辺に置いておくれ沖に立つ白波よ


<一言>
[題詞]は(属物發思歌一首[并短歌])反歌二首の2首目と成っております。

わがふねはてむ【吾が船泊てむ】 : 私の船を停泊させよう。

わすれがい【忘れ貝】 : 想いを忘れさせて呉れる貝。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
遠くのモズがピントぴったりで素晴らしい!
とてもハンサムでしかも精悍ですネ
思わず拡大して拝見しました!
モズを見かけると『母さんの歌』が脳裏に浮かびます
いよいよ冬がやってきますネ

物思いを忘れさせる忘れ貝があるのですか?
沖の白波におねだりするなんて・・・万葉の人の心は随分とロマンチックですネ
それとも秋が人の心をロマンチックにさせるのでしょうか
青さを残して落ちているギンナンも見方によってはロマンチックです!
(着眼されたtabibitoさんのハートの事)
ran1005
2013/11/12 17:43
追伸  スミマセン・・・
[母さんの歌]ではなく「モズが枯れ木で鳴いている」佐藤ハチローのうたです
ran1005
2013/11/12 17:51
ran1005さまへ
矢張りran1005もこのモズがハンサムだと思われますか有難うございます。
忘れ貝についてのお尋ねですが万葉集の本をお持ちですか?私のブログではこれ以外に2012年7月2日に巻12−3175と2010年5月28日に巻11−2798と載せています。
出来ればこの二首を比べて見て下さい。一首は二枚貝の片割れが忘れ貝、もう一首は鮑が忘れ貝と成っています。歌ではドチラも効果が無いと言っていますが鮑は諺に「磯の鮑の片思い」ナンテのが有りますから此方の方が本物臭いとtabibitoは思っています。
tabibito
2013/11/12 21:14
ran1005さまへ
追伸への返事が遅れて申し訳有りません。
「モズが枯れ木で鳴いている」聴きました。
あの時代に反戦歌がよくもといった感じですね、佐藤ハチローの詩は前から好きでしたが此の歌は初めて聞きました。
それと鮑は巻貝でしたね、二枚貝と巻貝のドチラが本当かですね、万葉歌には「忘れ貝」に対して「思い草」と言うのも有りましたから本当に当時の人は色々と想いを託していたのですね。
tabibito
2013/11/13 10:19
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2013/11/15 14:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の気配濃厚 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる